第3回 全日本・語りの祭り  



ポスターイラスト/ 尾崎真吾

会場入口に置かれた第3回のポスター
山口県徳山市

1996年10月13日(日)・14日(月)
<12日(土)は前夜祭>


徳山市文化会館/ホテル丸福ほか
参加者 1700名



   

 1800名収容の徳山市文化会館は
語りの熱気に満ち溢れました。

前夜祭  アド・ホック ホテル丸福
【Colors オンステージ】


【語り】

・ 「鹿児島(かごっま)」    鐘撞よしえ
  「梅酒(うめっしゅ)」  

・ 「お猿の嫁とり(猿婿)」  蒲原タツエ
  「地獄から帰った三人(エンマの失敗)

・ 「テイテイコッポシ」    草苅美知夫


【山口の伝説・紙芝居】

 「般若姫物語」

    絵    中司甲子朗
  脚  色  白 井 和 正
  読み手  周南放送劇団「空々」

        
 山口県徳山市(現在の周南市)で
 
開催された語りの祭りは、
 
賑やかな演奏による前夜祭で幕開け。

    

       受付にて 「おいでませ〜」


−般若姫物語−
  今から約千年前、豊後の国の若くて美しい長者の一人娘「般若姫」の悲しいお話。山口県大畠、瀬戸の航海の無事を祈り、入水したという伝説です。

        
第1日  徳山市文化会館

【分科会】  

7つの部屋で同時開催。(下記参照)
【メインステージ】

・ 知られざる海の特攻隊「回天」  

   高松 工 (回天記念館館長)
    メールソレイネ
    回天太鼓同好会 


・ 語り

   「ニコラエフスクの雪」
         櫻井 美紀

   「へっこきあねさ」   
        
望月新三郎

   「めんどりとゴキブリ」  
         マギー・R・マクドナルド
         末吉 正子


・ 記念講演 「道草をくいながら」

     女優 岸田今日子    


・ 山口の童謡 

   「まどみちお・金子みすゞの世界」


・ 各地の語り

   「とめ吉のとまらぬしゃっくり」 
        小河内芳子

   「おさんぎつね」
        立 石 憲 利

   「耳なし芳一」(琵琶の弾き語り)
        
  野 村 忠 司

   「小鳥を好きになった山」
         末 吉 正 子
太平洋戦争の末期、“天を回らし、戦局を逆転させる”という願いを込めて誕生した人間魚雷「回天」。徳山湾沖には、人間魚雷「回天」発射訓練基地跡が、今も残っています。

戦争で散った若い命を追悼する「回天」の話や「ニコラエフスクの雪」など、反戦への願いをこめて語られました。



      アメリカのストーリーテラー、
      マーガレット・リード・マクドナルドさんは、
      末吉正子さんと
参加型の語りを披露。
    
     

女優の岸田今日子さんは、子どもの頃の話や自作の童話の朗読などを、独特の声でユーモアたっぷりに語られました。


   
    
         「おさんぎつね」を語る立石憲利さん

  


 絵 / 城尾浩美
【夜語り】

 6つの宿泊ホテルでは、
 参加者のみなさんが、
 「語り手」となり「聞き手」となって
 たっぷりと夜語りを楽しみました。


      
    語り手がいて聞き手がいれば、どこでも
     語り場になるんです(ホテルのロビーにて)。
第2日目  徳山市文化会館


【分科会】 
  第1日目と同じく
  7つの部屋で同時開催

【全体会】

           カット/ 秋重美津子



山口の民話の部屋


伝承の語りの部屋


各国のお話の部屋


紙芝居の部屋


からくりペープサート
の部屋



詩を語る部屋


初心者講座の部屋
7つの
分科会
写真をクリックすると大きな写真でご覧になれます


第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回
 
各回祭り記録