第5回 全日本語りの祭り
Japan Storytelling Festival in 桐生



織物の技術を教えたという「白滝姫伝説」
群馬県桐生市




2002年10月14日(土)・15日(日)

群馬大学工学部/桐生有鄰館
桐生天満宮/ホテル国際きのこ会館 
参加者  662名



「かかあ天下と空っ風」で名高い
群馬県桐生市で開催。
「全日本語りの祭り in 桐生」と
「・・・in・・・」のキャッチフレーズは
群馬県で初めて使われました

第1日目


開会式前には、現地実行委員製作の
桐生の紹介ビデオが放映されました。
  風情のある明治・大正時代の
  建物が多く残る桐生の町で、
  国指定重要文化財である
  群馬大学工学部講堂で
  開会式が行われました。

  

    開会の挨拶をする佐藤委員長


【語りの広場】

  江戸時代から脈々と続いた豪商の
  味噌蔵・醤油蔵・塩蔵などの会場が
  一段と語りの雰囲気を盛り上げてくれました。

テーマ 「 人  間  模 様   」 の部屋   煉瓦蔵

     「 天 と 地 の  夢  」       味噌蔵

     「 精 霊 た ち の 声   」        酒  蔵

     「 子どもと楽しむお話会 」      塩  蔵

 部屋名をクリックするとプログラムがご覧になれます

 

       “天と地の夢”のテーマでお話が語られた会場

           語り手と聞き手が同化して
              温かな時間が流れていました。



「煉瓦蔵」の受付風景

 200名以上の参加者でうめつくされた「桐生 天満宮」境内   

初めての 「 ゴーストストーリー 」
    天満宮の篝火に照らし出された神楽殿は、幽玄の美しさ。
    夜風に吹かれ、遠雷のかすかな轟きを耳にしながら、
    身体を寄せ合って、怖いお話を楽しみました。 

                  プログラム


    同じ時間帯、ホテル国際きのこ会館の
    「フェァリーリングストーリー」の部屋では、   
    不思議なお話、心あたたまるお話などが語られました。
 
                 ログラム

【夜語り】

  会場は、宿泊のホテル国際きのこ会館。

  「しいたけまつたけ」 「きり」 「茶室」 
  の3つの部屋で行われました。

  ちょっぴりお酒も用意して、夜更けまで語り合い、
  大人の聞き手を前にしてならではの「つや話」も・・・。


             夜語りプログラム




第2日目

第1日目と同じく蔵語り

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回

各回祭り記録