第6回お話楽習会
世界の怖いお話会
〜 明かりが消えたそのあとで 〜

小金井市市制50周年記念行事
「あつまれ!わくわくおはなしワールド」
2008年8月10日(日)14:45〜16:15
現代座ホール
東京都小金井市緑町現代座会館
参加者69名
 プログラム  
おお暑い        『おはなし群馬の民話』 あかぎ出版より 江原 佳子
<かだこ>のはなす 『新庄のむかしばなし』 新庄教育委員会 井上 幸弘
六部殺し      『ききみみ』 『小国郷のわらべ歌』 荻野書房 井上 幸弘
なめくじが蛇を食べた話    『赤い鳥代表作集・初期』 より 鈴木砂知子
夢の家                   『イギリス民話集』 岩波書店 早乙女由美子
大きな赤いねこ      『明かりが消えたそのあとで』 編書房 佐藤 凉子
エリーと死神                カナダのストーリーテラー
                         キャシー・ミヤタから聞いた話
末吉 正子

ロウソクを手に司会
小金井市市制50周年記念 《あつまれ! わくわくおはなしワールド》 事業のプレイベントとして行われた第6回楽習会。


会場は、繁華街から少し離れた小劇場《現代座》。語りの世界に合わせて色の変化する照明や、音響効果も加わり、これまでにない雰囲気を楽しみました。

井上さんの語り

参加者は69名。これに先立つ子どものためのおはなし会からの親子の参加者も交えて会場は、ほぼ一杯!暑い夏休みの一日を怖〜〜い、涼しさを満喫しました。