第1回 語りの小祭りin桐生 報告


「第1回 語りの小祭り」は、 第5回全日本語りの祭 in 桐生 の会場にも
なった群馬県桐生市の有鄰館で行われました。
小規模ではありましたが、参加者の皆さんがより親しく膝をまじえ、お話を
語り、聞き、お話三昧の楽しい二日間を過ごしました。


 日 時  : 2005年11月12日(土)  
                13日(日)
 会 場  : 群馬県桐生市有鄰館

宿泊場所 : きのこの森 
        桐生国際ホテル 
        
(夜語り会場)
 

【日程】

12日(土)

13:30  桐生有鄰館にて受付開始  
13:45  からくり人形芝居見学
       (巌流島の決闘・曽我兄弟の夜討ち)
14:00  『語りの小祭り」開会
14:30〜17:30  参加者の語り   

   きのこの森 桐生国際ホテルへ移動 

18:30〜20:00
20:30〜22:00
22:00〜
 夕食・懇親会
 夜語り
 夜語り(第2部)
    
   
13日(日)

 7:30〜 8:30
 8:30〜 9:00
10:00〜12:30
   
  朝食
  会場移動
  参加者の語り
  閉会・昼食  解散
                



語られたお話 ・ 小祭りアルバム

12日(土)
14:30〜17:30  参加者の語り


プログラム


1.紙芝居

2.まてまて ふんどししめて

3.弓の名手 ムハメド

4.赤いこん箱

5.安寿姫と厨子王丸

6.おじいちゃんの籠

7.いごっそう安 ・ 鯨の絵
  
8.ふうふう ぽんぽん

9.葦刈の歌

10.ういろう売り (口上)

11.みるなの花座敷

12.あゆはカミソリ

13.カンガルーかあさん



落ち葉の小道を通って会場へ


幻想的な雰囲気の会場

素敵な 語り手 ステキな お話



肩寄せ合って、みんなで お話の世界へ!

12日(土)
20:30〜22:00  夜語り


プログラム

1.小袖の手

2.若返りの水

3.正直夫婦の馬

4.縊り鬼

5.スヌークスさん一家

6.(しの笛)涙そうそう

7.山姥と捨吉

8.朝茶はその日の難のがれ

9.白いマフラー

10.金の髪
                  

13日(日)
10:00〜12:30 参加者の語り



プログラム

1.鬼は内

2.雪ん子

3.白滝姫

4.こすずめのぼうけん

5.宿屋の怪

6.いついつまでもずっと(Love You Forever)

7.百両の使いみち

8.仁田山のはたおり石

9.寿命

10.かしこいモリー

11.歌う悪霊




    12日(土)
     22:00〜  夜語り 第2部

           「三枚のお札」 数話

            「かかの首」 英語版

                    ほか


            
全国各地から参加された語り手達が、
自分の故郷に伝わる「三枚のお札」を
それぞれのお国言葉で語り合いました。
微妙に違うお話の筋、方言の心地よさを、
聴き比べることが出来ました。
また、10月7〜9日に 米国テネシー州の
ジョーンズボローで開催された
Nathinal Storytelling Festival に
参加されたお二人から Festivalで
語られたお話を 語っていただきました。
もちろん「三枚のお札」も英語で・・・。
英語がわからなくても楽しむことができ
語りの小祭りならではの貴重な語りを
堪能した 夜語りの会 第2部でした。


「小祭り」参加された方より    


(東京都調布市 在住 Oさん)

 1112日・13日の2日間にわたって群馬県桐生市で行われた『語りの小祭り』に初めて参加させて頂きました。“こうふん!コーフン!大興奮!”お話しドップリの2日間でした。有鄰館(みそ蔵)という神秘的な空間、その上すてきな演出もあって。そんな雰囲気の中での語りの世界、目一杯と言うか満足(腹)すぎるほど味わうことが出来ました。
全国各地から参加された方々、お話し大好きの皆さんが集まり語り合いました。お話を聞きながらボロボロ涙を流したり、ゲラゲラ大きな口を開けて笑ったりもう大変でした。そして、夜語り、会場を宿泊先のホールに変えての第二ステージ、お酒が少し入っての和気あいあいの語りの宴、これがまた、味があり良かったんですヨ。本当にお話しの世界って大人、子ども、関係なく楽しめるのですネ。 私は(諸般の事情で)3年近く『語り』から遠ざかっていたのですが、小祭りで諸先輩の皆さまに暖かい目(耳?)で見守られながら、語らせて頂きました。もう一度、語りの世界に関わりたいな〜と思うと同時に、これからの生き方(大袈裟ですが)への自信にも繋がりました。本当にありがとうございました。



(埼玉県蕨市 在住 Sさん)

桐生での「語りの小祭り」に参加しました。小さな規模でしたが、だからこそ、語り手と聞き手がしっかり向き合える温かい会でした。会場となった有りん館の味噌・醤油蔵は、水車や甕や木がライトに浮かび上がってとても味わいのある空間を作り上げていました。50席ほどの客席も階段状に設営されていて、小劇場のようでした。こんな素敵な空間で数々のお話を聞けたのは、とても幸せなことでした。私は「弓の名手ムハメド」を語らせていただきましたが、聞き手の笑い声に励まされ、楽しく語り終えることができました。
酒を酌み交わしながらの夜語りも味わいがありました。終了後もさらに一室に集まって12時過ぎまで語りの会は続きました。
翌日、舞台は模様替えされて、布をあしらった、またまた素敵な空間になっていました。桐生の方々、運営委員の皆様、お世話になりました。お話を分かち合った皆さんにお礼を言います。ありがとうございました。



(埼玉県久喜市 在住 Mさん)

心に残る あたたかい祭りでした。
もしかしたら 小さい祭りのほうがいいのかな....
と思ったほどでした。

楽しかった。
もっと聴きたかったし
語りたかったです。

.......というくらいがいいのかもしれませんね....

ほんとうにありがとうございました。


参加者のみなさん